みゅう的通販日記NEXT STAGE

通販大好きみゅーたろーの発見・レビューな通販生活日記です。
<<prev entry | main | next entry>>

一定期間更新がないため広告を表示しています

公開初日の昨日観てきました。なかなか面白かったです。
警察連中がキタノ映画でよく出てくるヤクザさんばかりでワロタけど(逆じゃんw)。
映画ストロベリーナイトオフィシャルブック (光文社ブックス 105)

竹内結子は姫川玲子は、はまり役かもしれませんね。結婚前までは可愛いとか清純な役回りが多かったですが、離婚してからは、強気で負けず嫌いな役が多くなったと思います。その中でこのストロベリーナイトの姫川玲子は彼女に合った役だと思います。いいですね嫌いじゃないです、こういう女性www

そして冒頭にも書きましたが、脇を固める役者陣がこれまたすごい。特にベテラン俳優さんたち。渡辺いっけい、高嶋政宏、遠藤憲一、武田鉄矢、柴俊夫、今井雅之、それと友情出演の三浦友和。竹内結子の姫川が権力に対しても悪に対しても突っ走るところが多い中、彼らがすごく厚みのある芝居を見せてくれます。


映画のストーリーは、誉田哲也さん原作の「姫川玲子シリーズ」のインビジブル・レインです。タイトルにあるストロベリーナイトは姫川玲子シリーズの第1作目の小説タイトルです。

私は、ドラマも観てなくて原作も知らなくても入っていけました。でもたぶん前作の話で姫川の過去のこととか描かれてるんだろうと思いました。過去に姫川自身に何か事件があったらしい匂いあるけど、ちゃんと描かれてないからようわからなかったです。(あったんだよね?)ドラマ知らない人にも回想シーンとかあれば、なぜ姫川は犯人にのめり込むのかとか、観客が移入できたのにとか思いますね。

ストロベリーナイト劇場版(映画)


映画公開に続き、TVドラマのスペシャルとして、来週末に「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン 」が放送されるので、映画を見た方は次にそちらを楽しめるようになっています。
2013年1月26日に土曜プレミアム特別企画として21:00 - 23:10に放送予定。映画で描かれる姫川班の「最後の事件」の後日をそれぞれ姫川、菊田、葉山、井岡・日下、勝俣を主人公にオムニバス形式で描く。『シンメトリー』より「東京」「左だけ見た場合」、『感染遊戯』より「沈黙怨嗟 / サイレントマーダー」「推定有罪 / プロバブリィギルティ」、未単行本化作品「アンダーカヴァー」(小説宝石特別編集『宝石・ザ・ミステリー』収録)の5本の短編がドラマ化される。(wikipediaより引用



▼ドラマ版見てない方はDVD-BOX出てます。
ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX
by カエレバ


▼原作「インビジブルレイン」はこちら
インビジブルレイン (光文社文庫)
誉田哲也 光文社 2012-07-12 売り上げランキング : 206
by ヨメレバ

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks: